●本文へ移動↓ 文字サイズ変更 標準 拡大

多摩・三浦丘陵トレイル 多摩・三浦丘陵を楽しむ!知る! 〜13自治体をつなぐ緑と水の環〜

多摩・三浦丘陵トレイル

多摩・三浦丘陵を楽しむ!

トレイルを歩く 地域別に楽しみを探す 多摩・三浦丘陵って? 緑と水系を守る取り組み 広域連携会議の取り組み これまでの情報発信 ホーム

HOME > 多摩・三浦丘陵の緑と水景の保全再生に向けて! >今年度(令和3年度)の取り組み

今年度の取り組み

 

「多摩・三浦丘陵広域連携プラットフォーム」を設立します!


令和4年2月15日・17日

第1回本会議開催の報告


令和3年5月19日

第3回ワーキング会議開催の報告


 

 

 

     
 

「多摩・三浦丘陵広域連携プラットフォーム」を設立します!

     
 

 多摩・三浦丘陵広域連携会議は、設立から16年、相模原市から三浦市まで、多摩・三浦丘陵に関わる13の自治体が連携して、広域的な観点から、緑と水景の保全・再生・創出・活用について取り組んできました。
 令和4年度に、これまでの地域の緑と水景を守り育ててきた緑の活動団体等との連携を更に強化させるとともに、民間事業者の知恵や市民の多様なニーズを踏まえたより柔軟な緑の関わりを期待し、その仕組みや取組を持続的に支える公民連携型プラットフォームの設立を行います。

 詳細は本HP等にて、近日公開予定です。

 
     
 

多摩三浦丘陵広域連携プラットホーム

 
     
     

トップへ

 

 

     
 

第1回本会議開催の報告:令和4年2月15日(火)、17日(木)

     
 

 2月15日(火)、17日(木)に第1回本会議を開催いたしました。今回は新型コロナウイルス感染症対策として、WEB会議にて、今後の取組に関しての意見交換を行いました。
 意見交換では、多摩丘陵から三浦丘陵までのスケールメリットを活かし、今後のプラットフォーム化に向け、ウォーキングラリーにおける民間企業との連携や市境の緑地保全活動等の実績づくりの重要性を再確認しました。また、今後は企業や教育機関、地域の様々な活動主体等と積極的に連携していくために、多摩・三浦丘陵の魅力や取組の情報発信を効果的に行う必要があると話し合いました。

 
     

主な議題

 
 

・プラットフォームの構築について

 

・今後の具体的取組について

     
     

トップへ

 

 

     
 

第3回ワーキング会議開催の報告:令和3年5月19日(水)

     
 

 5月19日(水)に川崎市中原区役所にて、第3回ワーキング会議を開催いたしました。
 今回は2月から延期していたシンポジウムに向けて、報告・意見交換を行いました。
 また、これからの新たな時代に対応できる「持続的な広域連携型グリーンインフラ形成」に向けて、広域連携のプラットフォームを構築していくことを発信する、ということを再確認しました。

 会議後半では、シンポジウムの会場となる川崎市総合自治会館の現地視察も実施いたしました。

 
     
 

写真:第3回ワーキング会議の議論の様子

 
 
第3回ワーキング会議の議論の様子
 
 

写真:第3回ワーキング会議の議論の様子

 
 
第3回ワーキング会議の様子
 
     
     
     

トップへ

 

 

<多摩・三浦丘陵の緑と水景に関する広域連携会議>

Copyright(c)2022 Tama・Miura kyuryo Koiki Renkei Meeting.All Rights Reserved.