多摩・三浦丘陵トレイル

多摩・三浦丘陵を楽しむ!

トレイルを歩く 地域別に楽しみを探す 多摩・三浦丘陵って? 緑と水系を守る取り組み 広域連携会議の取り組み これまでの情報発信 ホーム

これまでの取り組み経緯

 

シンポジウムの報告(平成28年2月6日)

 

シンポジウムの概要

 

◆タイトル

第3回 多摩・三浦丘陵の水と緑をつなぐ参加型シンポジウム
「緑のコモンズを育む広域連携活動の最前線」
〜市民・企業・行政による行動宣言〜

 

◆開催日時

平成28年2月6日(土) 10:00〜16:30

 

◆会場

川崎市国際交流センター
(川崎市中原区木月祗園町2-2 TEL 044‐435‐7000)

 

開催概要

 

◆主催

多摩・三浦丘陵の緑と水景に関する広域連携会議
相模原市・八王子市・日野市・多摩市・稲城市・町田市・横浜市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市・川崎市〈13 自治体順不同〉

〈事務局〉川崎市役所 建設緑政局 みどりの協働推進課

 

◆後援

国土交通省、関東地方環境事務所、東京都、神奈川県、経団連自然保護協議会

 

◆協力

(公財)川崎市公園緑地協会

 

◆開催目的

広域連携会議のこれまでの取組みを情報発信しつつ、生物多様性の重要性の高まりや東日本大震災などの社会的状況の変化から、緑の広域連携による存在価値の再評価とともに、新たな価値について考え、ひいては広域的な水と緑を介した人や地域のつながりの重要性について考えていくことを目的とする。

 

◆論点

緑の利用効用・存在効用の再評価、生物多様性の確保、緑の減災機能、レクリエーション効果等を支えるコモンズ
i )多摩・三浦丘陵の緑と水景の存在価値の再評価と重要性の情報発信
ii )緑をつなぎ手とした地域や人の交流の促進
iii)広域連携会議の取組みの地域への拡大

 

◆参加者数

178名

 

開催内容

 

◆シンポジウム内容

1)パネル展示(10:00〜15:00)

  i )多摩・三浦丘陵の市民団体・企業等活動紹介

13市町における緑と水景の保全・再生・創出に関する活動を行っている市民団体の活動や企業のCSR活動等に関するパネル展示

 ii)13 自治体の紹介

13 市町による、緑の保全活動等に関するパネル展示

 iii)広域連携会議紹介

広域連携会議の活動に関するパネル展示


2)座談会(10:30〜11:30)

  • ・市民・企業・行政の連携体験や今後の広域連携の可能性等について意見交換


3)パネルディスカッション(12:30〜16:15)

  • ・市民ボランティア団体・企業の活動事例や他の広域連携団体による話題提供、および、ディスカッション

 

第1回合同会議の様子

パネル展示風景

第1回合同会議の様子

座談会風景

第1回合同会議の様子

パネルディスカッション風景

 

◆総合コーディネーター

 東京都市大学教授 涌井 史郎氏(多摩・三浦丘陵広域連携会議座長)

 

◆パネリスト

 相模原市  梅沢 道雄 副市長
 日野市   堀之内和信 副市長
 多摩市   阿部 裕行 市長
 稲城市   橋 勝浩 市長
 川崎市   福田 紀彦 市長
 鎌倉市   小林 昭  副市長
 三浦市   杉山 実  副市長
 国土交通省 町田 誠  氏
 環境省   岡野 隆宏 氏

 

◆ゲストスピーカー(発表順)

 川崎信用金庫 広報企画部 部長 武士優 氏
 多摩グリーンボランティア森木会 副会長 赤羽誠 氏
 JBIB持続性土地利用ワーキンググループリーダー 三輪隆 氏
 横須賀「水と環境」研究会代表 兼 三浦半島まるごと博物館連絡会代表幹事 高橋弘二 氏
 野田市 根本崇 市長

 

◆来賓

 国土交通省 都市局 公園緑地・景観課 緑地環境室 菅原のえみ 氏

 東京都 都市づくり政策部 緑地景観課 小野敏正 課長

 神奈川県 県土整備局及び環境農政局 松本勝正 部長

 

◆シンポジウム前イベント

 麻生オカリナを楽しむ会

 

◆生け花

 折田典子様(小原流)

 

第1回合同会議の様子

シンポジウム前イベント(オカリナ演奏)

ゲストスピーカーによる話題提供

ゲストスピーカーによる話題提供

行動宣言風景

行動宣言風景

 

≪多摩・三浦丘陵の緑と水景を守り育てる行動宣言(全文)≫

私たちは、このシンポジウムに臨み、行政のみならず、市民や企業の皆様とともに手を携えて、多摩・三浦丘陵の豊かで美しい自然を守り育て、その魅力を後世に伝える思いを新たにし、次のような取組みを続けていくことを宣言します。

 

一、多様な生き物に満ちた緑と水のネットワークの形成を図ります。
一、様々な緑を協働で支える仕組みづくりを推進します。
一、市民や企業の皆様のご理解を深める情報を発信します。

 

私たちは、ご賛同いただきました市民や企業の皆様ご自身による「私たちの行動宣言」を歓迎し、合わせて一つの行動宣言として、共に社会に向けて発信いたします。

 

平成28年2月6日
多摩・三浦丘陵の緑と水景に関する広域連携会議

 

◇シンポジウムにご協力頂いた市民団体・企業の皆様

宇津貫みどりの会
八大緑遊会
南丘雑木林を愛する会
真堂が谷戸蛍の会
多摩グリーンボランティア森木会
多摩グリーンボランティア森木会中央公園班
多摩グリーンボランティア森木会亀ヶ谷緑地班
多摩グリーンボランティア森木会よこやまの道班
なな山緑地の会
フレンドツリーサポーターズ
どんぐり山を守る会
一本杉公園みどりの会
からきだの道の会
永山駅前雑木林保全育成の会
芝桜を守る会
薬師池北緑地を守る会
成瀬山の自然を守る会
三ヶ木ホタル保存会
「小松・城北」里山をまもる会
NPO法人境川の斜面緑地を守る会
白山東緑地管理運営協議会
水辺のある里山を守る会
中原区市民健康の森を育てる会
市民健康の森さいわい加瀬山の会
川崎・多摩丘陵の里山を守る会
まほろばの会(菅馬場特別緑地保全地区
管理運営協議会)
野川はあも(南野川特別緑地保全地区管
理運営協議会)
久末緑地「まゆみの会」
津田山緑地里山の会
宮前コミュニティガーデン実行委員会
宮前ガーデニング倶楽部
水沢森人の会
富士通株式会社 川崎工場
海風の森をMAZUつくる会
まちはミュージアム-遊歩道ファンクラブ
柿生の里クラブ
高津区市民健康の森を育てる会
生田根岸古墳の杜保全地区
NECプラットフォームズ株式会社
麻生多摩美の森の会
日向山うるわし会
久地円筒分水サポートクラブ
宮崎フローラクラブ
多摩美みどりの会
麻生台フラワーガーデン
「区民ミニ・ガーデン」連絡会
菅生ヶ丘緑地管理運営協議会
生田緑地の雑木林を育てる会
川崎信用金庫
公園緑地協会
夢見緑花会
茅ヶ崎公園愛護会
石井造園株式会社
慶應義塾大学 日吉丸の会
横浜自然観察の森 (公財)日本野鳥の会
公益財団法人鎌倉市公園協会
公益財団法人鎌倉風致保存会
NPO法人鎌倉みどりのレンジャー
逗子名越緑地里山の会
逗子市男性ボランティア共生’95
横須賀「水と環境」研究会
三浦半島自然保護の会
NPO法人三浦半島生物多様性保全
三浦半島自然ふれあい楽校
NPO法人小網代野外活動調整会議

トップへ

 

第2回ワーキング会議開催の報告(平成28年1月14日)

 

1月14日(木)に、今年度2回目のワーキング会議を開催いたしました。
会議では、2月6日(金)に開催するシンポジウム開催に向けて、会場となる川崎市国際交流センターにて、シンポジウムの運営や各自の担当について確認を行いました。

 

第1回合同会議の様子

会場の確認風景

トップへ

 

第2回合同会議の報告(平成28年11月24日)

 

11月24日(火)に、今年度第2回目の本会議を開催いたしました。

会議では、多摩・三浦丘陵ウォーキングラリー、広域的な緑の保全再生イベントの報告のほか、平成28年2月6日(土)に開催するシンポジウムのプログラムの確認、承認を行いました。

また、東京都の小野敏正 氏と神奈川県の松本勝正 氏に都県が実施している緑地保全について話題提供をしていただきました。

 

<話題提供>
  • ・小野敏正 氏(東京都都市整備局 都市づくり政策部 緑地景観課課長)
    テーマ「東京都における緑の保全と創出について」
  • ・松本勝正 氏(神奈川県県土整備局 大規模公園担当部長・(兼)環境農政局都市緑地担当部長)
  •  テーマ「緑地の保全と利活用について−戦前の東京緑地計画協議会と神奈川県、現在の邸園文化圏再生構想など−」

 

第1回合同会議の様子

話題提供の様子

トップへ

 

第1回合同会議の報告(平成27年8月5日)

 

8月5日(水)に、今年度第1回目の合同会議を開催いたしました。

本会議では、これまでの活動を踏まえ、第1回ワーキング会議で検討した平成27年度以降の活動の確認、承認を行いました。
また、本年度実施する、多摩・三浦丘陵ウォーキングラリー、広域的な緑の保全再生イベント、シンポジウムについての方向性の確認、承認を行いました。

 

■平成27年度以降の取り組み

行動目標である「多様な担い手との広域連携による緑と水景の保全・再生と交流の実現」を目指し、「緑と水景を広域的につなぐ「みどりはつなぎ手」」と「緑と水景を広域的に支える「新たなるコモンズの再生」」「情報発信、国や都県への提言」を軸に以下の活動に取り組みます。

 

◎緑と水景を広域的につなぐ「みどりはつなぎ手」

【多様な広域連携及び広域的な交流の場づくり】

  • ・広域連携の取組み事例の情報整理及びワーキングの機会を利用して勉強会を実施
  • ・三浦丘陵ウォーキングラリーの開催(鎌倉〜逗子ルート)
  • ・シンポジウムの開催
    (市民・企業・行政の広域的な交流の場となるプログラムの企画運営)
  • ・各自治体などで活用できるベースマップ等の作成
  • ・多摩・三浦丘陵の価値の再評価に係る、優良地区・場所の抽出

 

◎緑と水景を広域的に支える「新たなるコモンズの再生」

【広域連携による緑の保全活動】

  • ・広域的な緑の保全再生イベント(その1)の開催(緑地の下刈り等の保全活動を予定)。
  • ・表彰制度・認定制度の対象となる活動団体・企業の把握、及び、制度実現への課題を整理
  • ・ワーキングの機会を利用して勉強会を実施

 

◎情報発信、国や都県への提言
  • ・広域連携会議活動成果のウェブサイトによる情報発信
  • ・シンポジウムにて行動宣言

 

第1回合同会議の様子

第1回合同会議の様子

トップへ

 

分科会開催の報告

(三浦丘陵班平成27年7月7日/多摩丘陵班平成27年7月9日)

 

平成27年7月7日(火)に三浦丘陵班分科会を川崎市産業振興会館で、平成27年7月9日(木)に多摩丘陵班分科会を川崎市黒川青少年野外活動センターで開催いたしました。

三浦丘陵班分科会では、6月12日に実施したコースの下見を踏まえて、今年度開催するウォーキングラリーについて、実施概要の確認、コースの検討、作業スケジュールの確認、イベント案等について話し合いました。

多摩丘陵班分科会では、広域的な緑の保全再生イベントについて、現地調査を含めながら、場所の確認、作業スケジュールの確認、プログラム案について話し合いました。

 

その他、シンポジウムの進め方等について、各自治体への事前アンケートを踏まえて、意見交換を行いました。

 

■意見交換を行った項目

◎三浦丘陵班分科会

(1)ウォーキングラリー(その9)について

 ・今年度の内容

 ・ウォーキングラリー総括と課題

 ・平成28年度以降のウォーキングラリーの取組み

(2)広域的な緑の保全再生イベントの確認

(3)今後の予定の確認

 

◎多摩丘陵班分科会

(1)広域的な緑の保全再生イベント

 ・広域的な緑の保全再生イベント(その1)の概要

 ・広域的な緑の保全再生イベントの考え方

(2)ウォーキングラリー(その9)の確認

(3)今後の予定の確認

 

三浦丘陵班分科会

三浦丘陵班分科会(下見の様子 平成27年6月12日)

 

多摩丘陵班分科会

多摩丘陵班分科会(下見の様子 平成27年7月9日)

 

今年度のウォーキングラリーは、10月24日(土)に三浦丘陵で開催を予定しております。

緑の保全再生イベントは、11月に多摩丘陵で開催を予定しております。

日程等については、決まり次第こちらのホームページでお知らせしてまいります。

 

トップへ

 

第1回ワーキング会議開催の報告(平成26年6月4日)


今年度は、第3ステージの2年目として、より具体的な取り組みを実践していくにあたり、これまでの取り組みの経緯を踏まえ、今年度の取り組み事項の検討と確認を行いました。

 

第1回ワーキング会議

 

 ■今年度の取り組み

1.多摩・三浦丘陵ウォーキングラリー(その9)

 ・10月24日に実施予定

2.広域的な緑の保全再生イベント

  11月に実施予定

3.シンポジウム

 ・2月6日に実施予定

4.広域連携トレイル

 ・ベースマップ作成

5.多摩三浦丘陵の価値の再評価

 ・優良地区・場所の抽出

6.勉強会

 ・既往の広域的な取組みを実施している市民・企業・行政との連携の紹介などを検討

7.ホームページの運営

 ・ホームページの更新

平成18年度は、こちら平成19年度は、こちら平成20年度は、こちら
平成21年度は、こちら平成22年度は、こちら平成23年度は、こちら
平成24年度は、こちら平成25年度は、こちら平成26年度は、こちら
平成28年度は、こちら平成29年度は、こちら

 

トップへ

 

 

toumei.gif

<多摩・三浦丘陵の緑と水景に関する広域連携会議>

Copyright(c)2015 Tama・Miura kyuryo Koiki Renkei Meeting.All Rights Reserved.